スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
編集

G1を進めてみて

各種Bossやライトガーゴイルを相手にしてみて、FBの重要性を感じると共に初めてランクを上げていて良かったと思いました。普段はそれほど頻繁に使う魔法ではないので少し不安だったんですよ。

さっさと倒したい(倒さないと危険)なライトガーゴイルを相手にFBカウンターする際、一発一発のダメージが大きくなるFBでのカウンターが非常に役に立っていました。吹き飛ばせると同時に、1チャージでも50近くダメージが入るのはすごく楽です。また、5チャージからの一撃は大きなアドバンテージになっていました。

ただ、それと共に時間(とマナ)を掛けて5チャージする威力と、多少の準備時間とスタミナで利用できるスマッシュと同等程度の威力というのは、やはり厳しいところがありますね。スマッシュと違ってアタック迎撃されない、動かなくてもいい、魔法なので次のスキル使用にディレイが発生しない等の利点はあるのですが、そもそもFB自体が小回りの効く魔法ではない(詠唱長い・消費大きい)ので難しいところです。

否応なくG1進めるに当たって数人の方とご一緒する事になるのですが、魔法のチャージというのが一番のネックになるのですね。他の2人はスマッシュ待機で準備できてるのに私はまだ詠唱中、とか。それでもスマッシュより安全かつダメージが高いので、いつもIB待機ですが。


結論として、G1は魔法師では厳しいですが決して不可能ではない、と。ただ、それもやはり協力して頂いた方の力量にも寄る部分が大きいので、私自身の力量はまだまだこれから身に付けなければいけないなぁ、と思った次第。

黒珠を、一度も死亡せずに復活させながら切り抜けられたのは、私の中では大きな経験になったと思います。

スポンサーサイト

2005/10/03 Mon in MMO - Mabinogi
コメント (0) | トラックバック (0) | 編集

<< 賢明への道 | ホーム | G1日記・その3 >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://bibliophile.blog24.fc2.com/tb.php/73-68f25752

ホーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。