スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
編集

魔法師兼付与士の憂鬱

物すごく自分の居場所がないというか、自分の存在価値を今一度考えさせられました。

確かに私はInt200に届いてないし、賢明も知識人も取ってないし、エンチャントのスキルランクも低いけど。それでも、今まで興味ないの一点張りだった事を他人にすんなり任せられるのが、何だか、うーん…。

確かに私は魔法師であってエンチャンタではないけど。それでも、ものすごく屈辱。抽出なんて普段やらないくせに、とか。ずっと一緒にやって来てても、所詮はその程度なんだなぁ、って。灰色オオカミのスマッシュを返せなかった頃から一緒に見てきていても、たどり着くのはそういう部分なんだなぁ、と痛感してた。



何が悪いのか仕事も手につかず、ぼんやりと考えていて1つの結論にたどり着いた。そうか、私の存在が悪いのか…。これで全部説明できるなぁ、とずきずきと痛む頭で考えてる私。













そうだね。私がいなければ、今頃みんなゲフェンでわいわい楽しんでたかもしれないね…。
スポンサーサイト

2005/09/26 Mon in MMO - Mabinogi
コメント (0) | トラックバック (0) | 編集

<< P2Pソフトウェアの終焉? | ホーム | 愚痴…なのかなぁ… >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://bibliophile.blog24.fc2.com/tb.php/46-d880b990

ホーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。