スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
編集

スキルの見分け方とか。

長くなるのでTB用に記事として作ってみた。

#弓は敢えて考察から外しています。

マビノギは、なんともプレイヤー不遇な戦闘システムです。いや、不遇、とは少し違うか。どちらにしろ、圧倒的に攻撃側が有利なのです。ラグナロクに例えると、Str特化Lv80なノービスぐらいに。

基本的に、防御はスキル、攻撃は通常(アタックというスキルですが)で。攻撃時に倍率を加える等の目的でスキルを使用する、という形になります。

早い話が、相手の攻撃を如何にして無力化し、自分の攻撃を通すか、というのがマビノギの戦闘における基本となるわけですね。


その為、マビノギに於ける戦闘スキルの多くは防御的な面を多く持っています。

・ディフェンス

もっともオーソドックスな防御スキル。何打攻撃であっても、ディフェンスに成功する事で1打目でそのアタックを終わらせる特性を持つ(成立後は2打目以降は入らない)。ただし防御性能としては貧弱で、あくまでスキルランクに応じた防御値が上昇するのみに留まる。故にディフェンスに成功しても多くのダメージを受ける事となる場合があり、また最低でも1ダメージは必ず受ける為デッドリー状態でディフェンス成功すると行動不能になる。

アタックだけでなく、魔法や弓に対しても効果は発揮され硬直を最小限に抑えることが出来る唯一のスキル。スマッシュには完全に無効化され、マグナムショットやファイアボルトには吹き飛ばし効果を持つため意味を持たない。

・カウンターアタック

相手の攻撃を完全に受け流し、それに応じたダメージを与えると共に吹き飛ばすスキル。自身は一切のダメージを受けないが、スキル準備から発動するまでスタミナを消費し続ける。そのスキル特性より、相手の攻撃力が高ければ高いほど、与えるダメージが大きくなる。ボルト系魔法によりアタックを誘発しての魔法カウンターは1:1思考を持つ敵に対する完全な押さえ込み戦略となる。近距離攻撃すべてに対して有効。

・ウィンドミル

自身の周囲すべてにダメージを与えると共に吹き飛ばすスキル。範囲攻撃として先行処理される為に、アタックやスマッシュに関わらず吹き飛ばす事で無効化する。多くのスキルがウィンドミル後に入力不能である為に連携が困難。またHPを最大HPの10%消費する。唯一の近接範囲攻撃であり、複数思想を持つ敵への唯一の対抗手段と言ってもよい。

短いスカートの衣装だと下着が完全に見えるので注意。一部衣装には下着が未実装なので、それはそれでもっと注意。


上記に加え、ファイアボルト以外のボルト魔法による硬直を利用した魔法アタックという戦術も、防御と攻撃を兼ね備えた戦術となる。



以上の、3+1通りを組み合わせるのがマビノギの戦闘の基本です。スキルにはすべて準備時間(詠唱時間)が存在するので、それを短縮させる事の出来るスキルランクというのは「組み合わせの可能性」を増やす事でもあり、非常に重要です。

下記4つのスキルは、括弧内のランクに於いて準備時間が短縮されます。

ウィンドミル(ランク9)
アイスボルト(ランク9)
ファイアボルト(ランク9・ランク5)
ライトニングボルト(ランク5)


ただ攻撃しているのでは、一撃で倒せる能力値あるいは武器を持たない限りはネズミにすら苦戦する事でしょう。しかしその手段を用いても、一撃で倒せる相手には限界があります。



スキルについて。

敵が使うスキルは、PCが使えるスキルと同等です。これ大原則。だからスキルを使う為には基本的に光りますし、光ってから実際にスキルが発動するまでの時間もPCと同様です。これがどういう意味を持つかはわかりますね。光った瞬間は無防備だから殴り放題という事です。ディフェンスやカウンターを使っても、発動するまでに殴られたら機能しないのと同じです。

発動しちゃったら、何のスキルかを見極める必要が出てきます。それに応じて行動しなければいけないからです。

その場で止まっていたら、間違いなくカウンターでしょう。自キャラをディフェンスしながら数歩横に動かしても(余裕があるなら周りを回っても)ぐるぐると中心で回っていれば間違いなくカウンターです。魔法やミルで崩しましょう。

歩いてきた場合は、ディフェンスの可能性が高いです。走ってきた場合は、スマッシュの可能性が高いです。実はこの2つはクセモノで、フェイントを掛けて来る敵も割と居ます。前者は「光る→スマッシュ→shift歩き」、後者は「光る→ディフェンス→即解除アタック」です。後者はラットマンが頻繁に使ってくるのでご存知の方も多いでしょう。

フェイントを使ってくる敵は決まっているので、これは覚えるしかないです。逆に使ってくる敵がわかれば、「アタックにはディフェンス、スマッシュにはアタック」というのが通用という事なので魔法アタックやカウンターを仕掛けるしかないでしょう。
スポンサーサイト

2000/01/01 Sat in MMO - Mabinogi
コメント (0) | トラックバック (0) | 編集

<< 製錬 | ホーム | 当blogへのリンクについて >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://bibliophile.blog24.fc2.com/tb.php/338-9d341374

ホーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。