スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
編集

罪深きものはすべて 等しく灰に還るがいい

開き直ってる。
開き直ってない。

どっちでもいい。よくない。


自分でダメだと思っていること。
その今の自分を受け入れたい。

それを、仕方ないと思っているわけではないということ。
けれども、それは事実として変える事が出来ないという事。


けれど、それは自分の意思。


他人から現実を突きつけられると逃走します。

突きつけられるということ。
それは、その人から今の自分を受け入れられてないという事。


理想と空想と現実。
微妙なバランスの上にかろうじて成り立っている心。
何かしらの影響で簡単に崩れちゃう、心。


小学生レベルの行動しか取れない。
そんなヤツの居るべき場所は、どこにあるんだろう。





…扉の向こう側かな。
スポンサーサイト

2005/12/02 Fri in Mind - 想い。
コメント (2) | トラックバック (0) | 編集

<< 左手には花束 右手には約束。 | ホーム | そういえば… >>

コメント

この記事へのコメント

七誌の住民 wrote:
タイトル見て一発でわかった俺はもう戻れない


俺は扉じゃなく窓を行き来してます

2005/12/02 Fri 17:38:03 | 七誌の住民#1YvX5qak | URL | 編集

ゆかり wrote:
書いてる私はもっと戻れないのかも(笑)

でも連れ戻されました(何

2005/12/05 Mon 11:31:44 | ゆかり#Ajy817YQ | URL | 編集

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://bibliophile.blog24.fc2.com/tb.php/208-cc1372d3

ホーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。